日機工業 株式会社

NC複合旋盤加工・切削加工・精密機械加工

NC network

 

優良サイト認証

 

HOME»  インプラント

インプラントの製造

ディンプル構造による優れたインプラントを実現

既承認インプラントは、シリンダー構造、スクリュー構造をしています。
これに比べ、弊社の開発したA.D.Sインプラントはディンプル構造をしています。応力や形状面から考えて、最も最適な形状をしています。

◆ネジ構造に比べ安定性が高い
従来のスクリュータイプのインプラントはその名の通り、ネジ構造で固定します。
しかし技術者ならご存知かもしれませんが、ネジ構造のものは側方咬合力に弱いのです。つまり、物を噛んで力をかけ続ければすぐに不安定になってきます。
その点、ディンプル構造のインプラントならネジ構造に特徴とされる弱さがないので、不安定になることはありません。応力面で考えても、スクリュータイプのものより負荷が効率よく分散し、顎骨に負担をかけません。

◆菌の侵入から感染を抑える
従来のスクリュータイプのインプラントは、インプラントが抜けるのを防ぐため、貫通孔が開けてあります。しかし、菌などが侵入した場合この貫通孔を通してすぐに感染が全体に広まってしまいます。
また、貫通孔のところに応力が集中し、負荷が分散しづらいので、顎骨に大きな負担がかかってしまいます。
A.D.Sインプラントが貫通孔を使用しないのは、菌などが侵入した時に、感染を抑えるためです。

 

インプラント

 

A.D.Sインプラントにはまだまだ従来のものと比べて優れている、特筆すべき点がたくさんございます。
もっと情報が欲しい方はお問合わせのページよりお気軽にご連絡下さい。

 

インプラントの長所

インプラント治療には、入れ歯やブリッジといった今までの対処法にはなかった長所があります。

◆噛む力が天然の歯とほぼ同じ
構造が天然の歯に近いので、固いものや粘性のある食べ物もおいしく食べることが出来ます。また、入れ歯のように器具が口の中を覆うこともないので、食べ物の味・温度・舌触りなどを損なうこともありません。

◆一本から全歯欠損まで治療可能
インプラントは、欠損部分だけを補うことが出来る治療方法です。独立した構造をしているので、ブリッジや入れ歯のように他の部位に負担をかけません。

◆審美性がある
入れ歯は、バネのような露出した部分が見えてしまうことがあります。インプラントは、見た目が自然で、金具が露出した部分がありません。 インプラントをしていることはまず気付かれません。

◆特別な手入れが不要
人工歯根は顎の骨と直接結合しているので、取り外してのお手入れは全く不要です。 日常のお手入れは天然の歯と同じように歯ブラシで毎食後にブラッシングするだけです。 入れ歯のように食べ物が挟まって不快感を覚えることもありません。